うつリーマンが行く!!未来へ発進!!

うつ病の発症・経緯・取り組み・日常・気持ちの日記

誰かがやるんじゃない。自分がやる!! 未来へ向けて紡いでいきたい。 菅新総裁の手腕はいかに!?

 

 

 

はい!

ご機嫌宜しゅう。

 

自民党の新総裁。

菅義偉氏に順当に決まりました。

 「やっと探し出した本物の宝箱」の写真

 

連日、菅内閣の方向性や政策について議論が交わされていますね。

 

少しご年配の方は、総理大臣は大きなビジョンを示す。

我々の様な、若手・中堅の世代は明確なHOW TOを欲します。


  

 

今回、菅義偉自民党総裁が掲げた政策で目についた事を書きたいと思います。

 

それにしても、首相とは思えない位に具体的かつ、収入では無く、支出に目を向けた政策内容が言及されていましたね。

実務家。現実路線。

この、性格を象徴するかの様な内容でした。

 

賛否両論。この方への印象や過去に対する考え方。

様々あるかと思いますが、私は今の時期には持ってこいだと思いました。

 

momomarugt.hatenablog.com

 

 

 

縦割り行政の効率化

 

バブル崩壊後、歴代の首相達は取り組んで参りました。

日本は特に「同族意識」いわゆる派閥や村を作り上げる事を好みます。

 

とても、とても大事な事ですが、とても、とても大変な作業ですね。

 

言うなれば、既得権益をぶっ壊す!!

 

これに尽きるでしょう。

壊すという事は新たな既得権益が生み出されます。

これ、世の常ですね。

 

現在の行政については、異常な程の隠し事があるでしょう。

まあ、欧米諸国、中国、ロシア、インド等と比べたら少ないと思いますが。

清廉潔白。この日本人の心は僅かに残っています。

 

菅総裁は縦割りに横串を挿していこうとしている様ですね。

特に携帯代金やNHKが関連する、総務省の改革は悲願かと思います。

 

AIやデジタル技術。

日本の技術は世界トップクラスですが、アナログが大変残っています。

予算が無い。理解出来ない。

そういう訳では無いと思います。

 

結局、隠し事が出来なくなるのが嫌なだけ。

電話の例ですが、隠し事をしている人程、電話で連絡をしたがります。

効率が良いとか、悪いとかの問題では無く、メール等の証拠を残す事を嫌がります。

 

当人同士で無いと、理解していないという状況を作りたがります。

 

この最たる中央省庁の改革は大変な作業でしょうね。

期待しています。実務家の手腕を発揮して欲しいものです。 

 

 

不妊治療の保険適用

 

不妊治療の保険適用。

大変良い、試みだと思います。

 

自分自身は直ぐに子供が出来ました。

良いも悪いも、自分自身を成長させてくれる体験である事は間違いありません。

 

責任を持つ事で、欝々な気分になり、大変な事が起きる時もありますが。

子を持つ事。子を産む事は生物としての権利です。

 

とても大変な労力と時間。お金が掛かります。

望む者がいて、国も子供の誕生を望むのであれば、取り組んでみる事でしょう。

 

ある意味、医療関連への手助けにもなります。

お金も無く、二の足を踏んでいた方々が気軽に取り組める。

保険適用と言う事は、点数分が国から支給されます。

 

変な言い方かも知れません。

自分は終わり行く命より、生まれてくる命と今を懸命に生きる命を大事にしたい。

だからこそ、終わり行く命に尊厳が持て、大事に扱う事が出来る。 

 

 

地方経済への移譲

 

GOTOキャンペーンを主導しましたね。

半ば、強引ではありましたが強硬しました。

 

それは、地方経済の疲弊を実感しているから出来たのでしょう。

確かに、コロナウィルスの蔓延が起きたら致命的でした。

しかし、何かを犠牲にしてでも動かないと行けない時があります。

 

何故経済が停滞するのか?

 

大都市に利権構造や金が集中し過ぎているからではないでしょうか。

自分はそう判断しています。 

 

秋田の農家。成功した農家の出ではありますが、田舎で生まれた人間なら良く分かると思います。

地方の経済停滞は物凄いです。

 

何かを得ている人々は「効率」の名の元に、大都市圏へ集中させます。

それは、自分自身が便利だからです。都合が良いからです。

 

そんな人程、田舎に住んでもらいたいですね。

PCとスマホがあれば、仕事は出来ます。

是非、田舎に住んで、利権をどんどん新しく作ってもらいたいものです。

 

中央集権政治である事は良いが、中央集権経済では、いくら世界に冠たる経済力があっても国民の満足は上昇しません。

満足が上昇しなければ、何かを得ている者達自身が今後、疲弊していく事に何故気づかないのでしょうか?

 

大都市と言うのは虚像です。

その価値観は傲慢であり、人を支配する事を善とする人々が数多くいます。

地方も同じではあります。

長い歴史の中で、手に入れ続けた者が支配をしています。

 

しかし、ココをテコ入れしないと、次の経済発展に向けた土台が生涯出来上がらないと思います。

 

期待しています。

何か新しい風が突風となり、全てを吹き飛ばしてもらいたい。

その時、外資がこの国を狙います。

その時こそ、日本の経済資源を守る為に国民が一丸になれるでしょう。

 

かつて、日本が欧米諸国にしてきた事です。

現在まで、そのしっぺ返しを食らってますがね。

 

 

終わりに

 

自分は大きく見て、この3つに注目しています。

 

キーワードは「既得権益の破壊と構築」

 

自分はココに、菅新内閣総理大臣の信念があるように思います。

全ての政策がココに通じていきます。

 

今の日本は、政界・財界・経済界共にあぐらをかいています。

また、国民自身も信頼が無い為に、自己保身へ走っています。

 

平安時代、徳政令の頻発により経済の信頼が無くなりました。

結果、既得権益者は権益を守り続けて、大衆は食うにも困るほどの世界となりました。

 

その後、武家が台頭し世界を変えていきました。

既得権益者を打倒し、新しい既得権益を作り出したのです。

長い武家社会が続き、この既得権益は昔の様になってしまった。

 

そして

安土桃山時代が始まり、その価値観を否定する様に、江戸時代が時代を戻してしまいました。

代わりに得たのは「平和」という名の努力を必要としない時代です。

 

今、平成まで駆け抜けた時代が終わりました。

この、新内閣がそのトリガーになるかは分かりません。

しかし、期待します。

 

この先の未来へ。

今の子供達が作り上げるであろう「新しい価値観」へしっかりと紡いで行かなければなりません。

 

誰かがやるじゃない。自分がやる!!

 

(皆がハッピーに思えるなら良いな。犠牲はねつきものですよ。自分達がどう考え、どう動くか。他者は己を守ってはくれません。)

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング